最新記事

ペット可賃貸物件の場合、一般的に犬や猫、ハムスターが多いようです。
ペット=鳥獣類と考える方が多く、例えば、金魚やカメなどはペットという概念から、外れることもあるようです。
ペット可物件に住む場合には、最低限のマナーとして、そのペットを室内に入れてよいかどうかを、確認するようにしましょう。
「ペット」とひとくくりでいっても、物件ごとに制限があります。
犬の場合であれば、中型犬までで、大型犬はNGという物件も少なくありません。
物件に対しての傷や臭いなどの負担のリスクや、鳴き声、吠え方、唸り声などの騒音的部分も、大型犬の場合には違ってくるからです。
ペットの大きさについて、物件の条件を、よく確認するようにしましょう。

京都テナント情報総合サイト テナントプラザネットワーク

法人社宅に関する情報

素敵な住まいをお探しの方はコチラまで

ハートンホテル ホール・貸し会議室|大阪(心斎橋・梅田)・梅田・東京(品川)のホール・貸し会議室

新築一戸建てを東大阪市で探す

関連記事

  • ペット可物件について、今の世の中ではペットと一緒に生活を送っている人はかなりの人数居まして、その中で …

    詳細はコチラ

  • 賃貸物件で暮らすとしても、やはりペットとの暮らしもあきらめたくはないものです。
    ペットが身近に …

    詳細はコチラ

  • ペット可賃貸物件とは、文字通りペットの飼育を許可されている賃貸物件のことです。
    単に許可されて …

    詳細はコチラ